ずっとこの感情に突き動かされてきた気がする。

原子的な感情

From:中尾隼人
 
5泊6日のグアム合宿を無事終えて帰国しました。
帰ってきて、20度以上の気温と湿度の差からなのか、なんか緊張の糸が切れたのか帰ってきた昨日はどっと疲れが出てきを失うように寝てしまいますた。

 

宿泊したホテルは広くて、会議室もあり、プールもあり、部屋も7人の大人が語り合えるほどにだいぶ広い。

 

だけどグアムなのに山の中にあるホテルだから、他には何もない。だけどそこがいい!
自然に囲まれて、いいエネルギーをもらいながらビジネスを高めることに集中できる。

 

成果は予想以上。期待していたよりもずっと大きなものを手に入れた。
これからのビジネスが一気に加速するくらい。

 

もうこれ以上掘れない原子の感情

今回のテーマは、「自分のビジネスを見つめ直すこと」

 

ここ数年は自分の強みを研ぎ澄ましながら突っ走ってきた感じ。
信頼できてスキルもトップクラスの仲間達との出会いが、自分の成長にさらに拍車をかけてくれた。

 

だからこそ、今必要だと感じていたのが、
「何のために自分は働くのか?」
「会社は何を求めて成長するのか?」
こういう根本的なことと、それに基づいたビジネスプランを立て直すこと。

 

もちろん、今までそれがなかったわけじゃない。
むしろちゃんと想いをもって活動してきた。
でも、少しづつ感じてたの。

 

「違うわけじゃないんだけど、ちょっと違和感。」
「もっと深く想いを掘り下げられる気がする。」

 
そう思っていた中での今回の合宿。
メンターの講座があったり、仲間と想いを語りあったり。
そんな中でいよいよ、探していた答えにたどり着いた。

 

もうこれ以上掘れない、僕の中の原子の感情。
それは「人を幸せにしたい!」
「あなたに幸せになってほしい」
振り返れば、ずっとこの感情に突き動かされて生きてきた気がする。

 

 

それに気づいた時、パズルの最後の1ピースがぴったりハマった感じ。
迷いがなくなった!この想いを基準にビジネスプランも全部作りなおした。
いつになく、イケる気しかしない笑
これからの半年、コツコツこなすプランが決まりますたな。

 

うぉー。未来がぱーっと明るいな。

0

気に入ってもらえましたか?

Twitter で

コメントしてみる