問答で言語化してアウトプット?

問答でアウトプット

From:中尾隼人
 
商品リリース目前で準備や確認作業に追われ、さらに求人広告作成の案件も結構あってここ1、2ヶ月てんやわんや。

それでも、案件をこなすだけの受け身の状態にはしないために、商品開発や業務の仕組みかのための時間が絶対とる!しかし、絶対取ると意固地になるからなおさらカオス。

 

そんな中、先日飛び入りで参加したある勉強会にめちゃくちゃ良かったのでちょっとシェアしますね。

 

改めて考えてアウトプットする

パートナーと一緒に大阪でのメンター主催の勉強会に参加すべく3日間一緒に行動してたのね。そこでの勉強会もちょうど、タイムリーな内容。求人広告の作り方についてパートナーと議論していた課題について、いち早くメンターが実践した事例を紹介。

 

開始早々30分で、もう帰ってもいいなー、なんて思えるくらい大収穫。
さっそくパートナーと、求人広告にどう落とし込んで行くかを打ち合わせしたりで、迎えた、帰る日の3日目。

 
土曜日だったんだけど、飛行機の時間までメンターの広い事務所を使わせてもらってパートナーと仕事を進めてたの。たまたまその日はそこのセミナールームでなにかの勉強会が開催されるらしいというのは聞いてたんだけど。蓋をあけてみたら、なにやら面白そうなセミナーだったので帰りにの便の時間まで参加させてもらうことに。

 
この飛び入りで参加した勉強会は、問答講っていって、決められたテーマについて参加者が順番に自分の考えをシェアしていくっていうちょっと変わった内容。

しかも、内容が”志”や”情熱”といった感じの、抽象的なものだからそれぞれ当然答えが違う。

 

でもね、これがめちゃくちゃ良かった!
問答形式で、順番で必ず自分の意見を発表しなければいけない。
だから、順番が回ってくる前に、必死に考える。それっぽい答えじゃなくてちゃんと自分の思考の分身としてアウトプットできる内容をまとめる。

 

そして実際にアウトプットした時に、はっ!って思った。
今まで、こういう当たり前にある言葉をちゃんと言語化して考えたことなかったし、自分がどう思っているのかも良くわかってなかったんだって。

 

こうやって、改めて自分らしく生きるためのテーマについて考えて、それをアウトプットする。そして言語化した言葉を自分の耳で同時にインプットする。このサイクルがめちゃくちゃ良いの。さっきまでは何もまとまってなかたのに、日々生きることやビジネスをすることについての基本的な考えがはっきりとした言語で整理整頓されて頭に格納されて行く。

 

 

問答ってすごいね。
昔から日本にある文化の一つだけど、なめていたというより、気にもとめていなかった。
改めて考える→言語化してアウトプットする→自分にも再インプット→情報が整理されて格納

 

めっちゃ収穫だらけの3日間を過ごしてました。

0

気に入ってもらえましたか?

Twitter で

コメントしてみる