安心して捨てられるから、いつでも身軽!

強みに焦点を当てる

From:中尾隼人
 

先週はずっと東京だったので、週末は久々に家族との時間を満喫。
やっぱり、こうやって戻るべき場所があるから撃って出れることもできるんだよなぁって、毎回帰ってくると家族のありがたみを感じてます。

 

さすがに平日ずっと出張してると、帰る頃にはヘトヘトなんだけどね。
そうなんだけど、今回もものすごい収穫がたくさんあった。単純にいい話を聞いたとか、仲間と交流できたとかそれだけじゃなくね。

 

先日、仙台にきて僕のコーチングを受けてくれた仲間とかと話をしてて、その彼からめちゃくちゃしっくりくる話をされたの。

 

標準化する能力に長けてるらしい?

前回のコーチングにすごく満足してくれたみたいで、そのお返しというわけじゃないけど僕の強みとビジネス展開について話をしてくれたんだけど。

 

もともと僕自身、求人に特化した制作とか営業コーチングとか、人を引き寄せる手順に基づいたサービス提供が得意だった。そして、そういうノウハウを仕組み化するのも得意。

 

そこまではわかってたんだけど、その彼から言われたのは僕は「物事を標準化するのがスゴく上手い」らしい。もちろん、仕組み化するという表現は使っていたんだけど、この「標準化」という言葉がやけにしっくりきたの。
標準化というのは、何か成果が出るノウハウを確立したら、今度はそれを周りの人でもノウハウを実践できるように仕組み化していくこと。つまり、仕組み化っていうのは標準化を達成するための手段だってことになるよね。だから、「僕と標準化」を結びつけてもらった時に、さらに大きな信念を見つけたというか視野が広がったわけ。

 

おぉ、そう言えば自分自身、成果が出るノウハウや考え方を誰でも取り入れやすいように標準化するために仕組み化にこだわってたんじゃん!って。

 

そしてその彼は、もともとフランチャイズビジネスを提供する仕事をしていたから、標準化の能力を生かしたビジネスモデルを知ってるわけ。その考え方や方法も教えてもらって、「これでこの前のコーチングのお返しができたかな?」って満足気。

 

やっぱこんな風に、強みを生かして刺激しあえるパートナーがたくさんいるってすごいね。ある分野では、自分が教えて、またある分野では逆に教えてもらう。だから、なおさら各自が自分の強みだけに集中して質を高めることが出来る。逆を言えば、安心して得意じゃない部分は捨てることが出来る。だからいつでも身軽!

 

来月に一週間じっくり時間をとって、国外で向こう1年分のビジネスプランを立て直すんだけど、その前にこの情報を知れてスゴくよかった。これで強力なプランが作れそうだわ。

0

気に入ってもらえましたか?

Twitter で

コメントしてみる