う〜ん、ギリ間に合うかですねぇ、、、。


From:中尾隼人

 

今日、パートナーと打ち合わせをしていた時のこと、、、。

 

事業拡大をするため広告作成のお手伝いをさせていただいているのね。
近々開催されるイベントに出展するにあたっていくつか広告を作りたいと相談されたわけなんだけど、イベントまでの期間が短すぎて、間に合わなさそう。

 

カレンダーを見ながら
僕「時間なさすぎますよね。う〜ん、、、あれ?ギリギリ間に合うかなぁ。どうかなぁ、、、。」

 

その時、パートナーの社長が言ったことが、、、。

 

伝え方が大事

社長「だよねぇ、ギリギリなんとかイケるよねぇ〜。だと思ったんですよ笑」

 

(うぉー、まじかぁ。)

 

お付き合いさせていただいてる期間が長い分、すでに制作のながれも感覚で覚えられているし。
完全に手の内を読まれて、相談されているってことだな、、、、。

 

なんか、ここまで読まれていると逆に気持ちがいい。
普通ならただ単にスケジュールを指定されるのは当然嫌なわけだけど、ちょっと違うんだよね。
言い方と今までの関係なのかな。僕の気持ちいいと感じる言葉をチョイスしてくることで、本来アウトなこともセーフになってしまってる。
今回がまさにそのいい例だったけど、本当に人とのコミュニケーションって言い方ひとつでアウトがセーフになるし、その逆もある。

 

やっぱり人間だからね。感情があるからね。
コミュニケーションって、ただ必要な情報を伝えるだけじゃないよね。
「どう伝えるか?」と「どう伝わるだろうか?」を考えられる人が仲間を多く作れるし、より多くの人から力を貸してもらえるね。

1

気に入ってもらえましたか?

Twitter で

コメントしてみる